読書の秋~ホームスクール 関連書籍など

読書の秋・・・とは言いますが、実際に本を読む量が増えるような気がするこの季節です。

 

小学校1年生入学のための準備・案内(学校見学、入学前検診など)が自治体でも進んでいます。

 

我が家も地域の小学校で検診を受けるように案内を頂きましたので、来月、見学を兼ねて行ってみます。

 

 

 

一方で、ホームスクール関連の書籍を改めて読んで楽しんでいます。

 

バイリンガル子育て系の本もどんどん増えていますが、ホームスクール系の書籍も少しずつ増加。

 

フリースクール(一般的な学校の代わりに通うスクール?)系のものはあまり読んでいませんが、

 

完全ホームスクール(どこにも通わない)スタイルの経験談を読んでいます。

 

我が家の場合、バイリンガルでのホームスクールとなると思いますので、

 

海外版、日本版、どちらも参考になります。

 

また、当然ながら、読めば読むほどホームスクールの良さを感じています。

 

 

今日は何冊かご紹介します。

アメリカのホームスクール家族のお話し。

10人の子どものうち6人が12歳までに大学入学。

人数にも説得力を感じますし、アメリカではありますが、

具体的なこれまでの経緯や使用した教材なども紹介。

上の英語版の和訳バージョン。

始めはkindleで英語版を読みましたが、

スクリーンタイムが増え過ぎたのか(更期か?)頭痛やめまいが。。

また読みたくなり、今は日本語ペーパーバージョンを購入して読んでいます。

芸能人などの著名人とも親交のあるバオくん著。

ホームスクール会のアイドル?みたいな存在。

子どもらしいかわいらしさもありながらも、たくましさを感じます。

二人の娘さんをホームスクールで育てられたお話し。

成長ごとのホームスクールの形の変化や、

教科ごとに使用した教材なども。

アメリカのホームスクール事情について書かれた内容を

日本語にしたもの。

ホームスクール家庭の一日の過ごし方や法的な内容まで、

分かりやすくQ&A方式で。

全く「勉強」らしいことをしたことがなかった娘さんが

高校生の年齢のある日、大学に行きたい!と思い立ち準備、

そして、実際に大学合格、入学するお話し。

講演会などで全国を親子で周られているようです。

 

 

ホームスクール関連(学校に通うvs.通わない) だけでなく、

 

家庭教育系の書籍も出会いが多い今日この頃、

 

引き続きシェアできたらと思います。

 

 

娘の性格や希望、家族の状況や方針、周りの環境などなどの状況の中で、

 

まだ迷いもありますが、日々楽しみながら、自然に良い形が見つかればと願っています。

 

記事を読んでいただきありがとうございます。

 

 

 


にほんブログ村