Camp Hyatt in Guam グアムでキャンプハイアット

今年はグアムでプチバケーション(5日間)を楽しみました。

 

昨年のニューヨーク旅行(10日間)は、フライト時間や時差で、滞在期間も帰国してからも、私や娘の体力に限界を感じました(病気をした訳ではありませんが、常に眠かったです)が、それに比べるとグアムは天国のよう。

 

フライトは3-4時間で、時差は1時間。

 

午後に自宅に到着して、洗濯など全て済ませて、そのまま通常通りの生活が送れそうなくらいでした!

 

実際に、主人はそのまま仕事に行きました。

 

 

 

 

ホテルは、Hyatt Regency Guam。

 

ホテルのプールが広くて、更には何種類もあり、毎日のように泳いでも飽きません。

 

こちらのホテルを選んだ理由のひとつが、キャンプハイアット。

 

ホームページでの案内はこちらから。

 

夏休み中の現地の子ども達も通う、サマーキャンプがホテル内で行われています。

 

いつも通う幼稚園以外では、子どもだけ参加のプログラム・スクール・その他、未経験の娘。

 

そろそろ、頑張らせてみたい(一般的には遅いですね)、とわずか2日ですが決行しました。

 

ちなみに、1日ごと、半日ごと、たしか時間ごとでも参加できます。

泳ぎたい子どもはプールに連れて行ってくれたり、

 

インドア派の子どもは、先生が遊びやクラフトを企画してくれたり。

 

9時スタートのプログラム、動画を見ながら集合を待つ子ども達です。

 

現地の子ども15人位、我が家を含めて宿泊ゲスト6名位でした。

バケーション中の親にとってありがたいのは、持参物が少ないこと。

 

水着位です。

 

お水、スナック、ランチ(有料)は準備されているので、殆ど手ぶらでOK!

 

いつもお弁当、水筒、タオルは必ず持たせる我が家は、そわそわしてしまいました。

 

 

そわそわ、はそれだけではなく「どう過ごしているかな。。。」と何度ものぞきに行き、かなり怪しい保護者でした。

 

はじめは恥ずかしそうに一人で工作をしていた娘ですが、現地の女の子グループがクラフトのテーブルに加わってくれた様子。

一緒にものづくりを楽しんだようです。

 

ほっと一安心。


参加者全員がもらえる帽子も頂きました。

 

旅行の日程の関係で、2週に渡って参加したことになったため、ふたつも。

 

日本の今の暑い時期に重宝しています。

 

 

 

たくさん遊んでくれたChristine先生とも記念撮影しました。

 

とても礼儀正しい、笑顔の素敵な先生です。

 

いろいろなクラフトをさせてもらったようです(写真は一日分)。

 

娘にとって良い親離れ体験が出来ました♪

 

私にとっても、気になったらいつでもガラス越しでいつでものぞける、素敵な「子離れバケーション」となりました。

 

 

また、いくつかグアムで楽しんだことをシェアしたいと思います。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Shizuko (火曜日, 19 7月 2016 23:58)

    家族での楽しい夏の思い出、そして小さいころから、NY、グアム旅行を経験しているというお嬢さん、素敵ですね。 暑く忙しい日本かもしれませんが、またのお便りを楽しみに、のぞかせてもらいます。

  • #2

    nonnativemama (木曜日, 21 7月 2016 12:16)

    Shizukoさん、コメントありがとうございます!
    見せたいところはたくさんありますが、Shizukoさんのところに早く行きたいですよ~。
    実現するのはいつかな・・・その日を目指して楽しく過ごします♪
    いつもありがとうございます。