世界の消防士さんと交流 at JICA

JICA九州 のイベント「世界の消防士の勇士を見よう JICA九州研修1日体験プログラム」に参加してきました。

 

バイリンガル子育て仲間のママさんがお勤めしていることもあり、以前、別のイベントで訪れたことがありましたが、今回はママさんがイベントリーダーとしてお声を掛けてくださいました。

 

子ども達に消防士のかっこいい姿を見せられる良いチャンス!と気軽に参加しましたが、それはそれは大人も大満足の盛りだくさんのイベントでした。

 

以下が、楽しんだ一日の流れ(11:00~15:00)です。

 

●JICAの活動を理解する動画やスライド資料

具体的な国際協力の活動の様子を知ることができ、本当に感激しました。

世界中を助けるお仕事とはまさにこのような活動、というものばかり。

(説明にバイリンガルスタッフさんが子ども達を見てくれていました。感謝です。)

 

●世界の代表消防士のプロフィール紹介

様々な国から参加している消防士のリーダーの皆さん。

聞いたこともない長ーい名前の国もありました!

弁護士さんと消防士を掛け持ちしているアルゼンチンからの女性も。

今回の研修については、TVのニュースでも多く取り入れられたそうです。


●館内案内

国旗や世界の民族衣装を保管する部屋

世界中の研修員からのお土産の保管倉庫(全員お土産を頂きました)

日本に訪れる間に滞在する宿泊施設、それぞれの部屋など

図書館

世界の料理を楽しめるカフェ

展示コーナー

など




●世界の料理を楽しめる食堂 ジャイカフェ JICAFE でランチ

・大人は、二種類のカレーを味わえるプレート

・子どもは、うどん(和食代表)

を、サイドディッシュ・飲み物付で頂きました。

研修員の方やスタッフの方もカフェにいるので、国際的な空間です。


●消防訓練センターに移動して、消防士たちに初対面

自己紹介

質問コーナー

など、日英通訳付きで。

お友達のママのお取り計らいで、我が子と、一緒に参加したお友達は英語で質問をさせて頂きました。

 

●訓練の様子を見学

雨天でしたので、室内で動画で観覧しました。

消防技術や消防器具には様なものがあることに驚きました。


●訓練員による号令・点呼・確認

皆さん、本当にきちんとされていて礼儀正しいです!

何気に撮った動画ですが、このような日本スタイルの号令をマスターするのは、言葉だけでなく色々な側面での努力があっただろうと改めて感動しました。


●消防士の皆さんとの交流

ユニフォームを着せてもらったり、記念撮影。

割と小さなお子さん(乳幼児~小学生位)と離れて、今回の2カ月余りの日本滞在をされている消防士の皆さん。

子どもとの接し方も、素晴らしく上手!たくさん遊んでくれました。




子ども達にとって貴重な体験となった楽しい一日でした。


今回気が付いたことで、意外と知られていないことは、JICAの施設(図書館やカフェなどを含めて)は、多くの部分が一般に解放されていることです。


機会があれば、もっともっと足を運びたいです。


今後も、世界のことや日本のことを親子で学ぶために、子どもや学生対象の教育活動や体験イベントがあれば参加したいと思います。



お声を掛けてくれたママさん、一緒に参加してくれたお友達親子に感謝しています。