マイペースで少しずつ進歩~フォニックスで読み書き 5歳 

娘のYuは、5歳1カ月。 

 

我が子は、自分で本を読むのが大好き!

 

・・・と言いたいところですが、嫌いでも好きでもない「ニュートラル」な感じ。

 

読み書きの力も、どんどん上達!

 

・・・と言いたいところですが、至って「ゆるやか」。

 

そんなマイペース具合が、娘にも私にも程よいのか、続けることで少しずつ進歩を感じます。

フォニックスの教材もたくさんありますが、娘はジョリーフォニックスで読み書きを学んでいます。

 

動画で読んでいるのも、ジョリーフォニックスの教材のひとつ、黄色のリーダーです。

 

基本的に、読み書きの学びは「お勉強」風の要素が強くて、子ども達のモチベーションを保つのは容易ではありません(文字が大好きなお子さんは例外ですが)。

 

それでも続けられているのは、楽しく工夫されたジョリーフォニックスの内容と、一緒に学んでくれているお友達のお陰だと思います。

 

ふと気が向いた時に、引っかかりながらも私に読んで見せようとしてくれるので、その時はしっかり聞いています。 


これまで使ったジョリーフォニックスの教材を順番に並べると、大体以下のような流れです。



① CDや動画で基本の42音に触れる



●この時期に母(私)は、英国Jolly Learning社 の指導者用オンラインコースを受講・修了しました。


Jolly Learning社が提供しているトレーニングコースについては、こちらをご覧ください


② 低年齢でも楽しめるワークブックで、ひとつずつの音を学ぶ


③ お友達と一緒にFinger Phonics(絵本)とPupil Book 1をスタート。

●この時期に、Tomoko Ueda先生のトレーニングを受講しました。


④ ペラペラめくるのが楽しい本で、本デビュー


⑤ お友達とPupil Book 2をスタート(Pupil Book 1終了後)


⑥ 赤いリーダーを読み始める(Pupil Book 2開始⑤と同時)

Jolly Phonics Readers Level 1, Complete Set (in Print Letters)



●この時期に、Kayoko Yamashita 先生のトレーニングを受講・修了しました。


⑦ 黄色いリーダーを読み始める(Pupil Book 2と同時進行)

 (動画で読んでいるもの)


⑧ Pupil Book 3をスタート(Pupil Book 2終了後)


⑨ 緑のリーダーを読み始める(Pupil Book 3開始⑨と同時期)

(まだボリュームに圧倒されている感あり)



まだまだ発展途上とはいえ、こうして並べると、たくさんやってきたように見えますね。


実際は、本当に少しずつ少しずつです。


これからも無理なく(集中力やご機嫌など伺いながら・・・笑)続けたいと思います!!


またこちらで記録をシェアさせていただきます。


記事をご覧頂きありがとうございました。