絵本ベースのホームスクールカリキュラム

娘のYuは、3才2ヶ月。

 

良くおしゃべりもして、面白い発言も結構多いです。

 

 

さて、ホームスクールのカリキュラムも本当に数多くありますが、学校やプレスクールの内容を凝縮したようなもの(学校のカリキュラムとしても使える)から、ホームスクールを経験したベテランの親たちが開発したものまで様々です。

 

先日は、ボックスカリキュラムについて書きました

 

そんな中、絵本をベースにしたカリキュラムを最近見つけたので、記録に残しておきます。

 

こちらは、もともとホームスクールママだった方、本人もホームスクールで教育を受け大学進学し、現在自分のお子さんもホームスクールで育てている方などが、チーム(お名前からご家族のようです)になって開発しているものです。

Five in a Row というこのプログラム、季節ごとの取り組みの教材もありますが、やはり特徴は、毎週1冊の絵本を基本に、アートや化学、言葉の発達などの学習に広げるという部分です。

 

絵本ベースのカリキュラムは、2-4歳、4-8歳、8-12歳とコースが分かれているのですが、年齢に合わせて、絵本(8歳からは年齢に合った物語など)の世界をベースに学びを深める内容がまとまっているのが、個人的にとても楽しそうだと思いました。

 

文章が短い乳幼児向けの絵本は書店やオンラインでもたくさん紹介がありますが、それ以上になるとリーダー絵本のようなものが増えて来て、純粋な絵本は選びにくい気がしていたので、良い絵本選びの参考にもなりそうです。

 

(サイト内で絵本リストを見ることが出来ます。)

 

 

 

ただ、こちらはアメリカやカナダをメインにしているせいか、絵本のプログラムはデジタル商品がないのが残念ですが、それでも気になるカリキュラムがひとつ増えました。