使ってみたい表現色々 The Berenstain Bears シリーズ

娘のYUは、2才3ヶ月。

 

Xで始まった文字遊びは、その後 U, J, I も行い、まだ引き続き楽しめそうです。

 

最近は、常に何かしたそうな感じですが、年齢的に出来ることも限られていることや、

一人だけで長時間何かに集中することはまだ難しいので、退屈させないように何をさせようかと

いつも通り、試行錯誤で考えています。

さもないと、すぐに I want to watch The Wiggles (またはPrincess:ディズニーのこと). と、

映像に走りがちなので・・・(最近見すぎ)!

 

現在のざっくりしたものから、生活の中のroutineを徐々に細かくしていくと、子供も手持ち無沙汰な時間が減り、ある程度計画された流れがあると、私も無駄なく動ける気がします。

ホームスクールは本人の興味を大切にするとはいえ、生活のリズムや流れを整えることはいつも目指して行きたいです。

 

話は変わって、随分前に注文してすっかり忘れていた本が今日届きました。

この The Berenstain Bears シリーズ、あまり知らなかったのですが、サークルで英語のレッスンをしていた頃に、母の日がテーマのものを・・・と、以下を購入したのをきっかけに読むチャンスに恵まれました。

サークルの年齢的(1-2才)に合わずに、レッスンには使えず、元々の目的は果たさなかったのですが、

読んでみると、他の幼い子供用の絵本にはあまりない、それでいて家庭内で使えそうな表現が多くて、

何となくもっとシリーズを読んでみたい(今の所自分のため)気持ちに。

シリーズはたくさんあるのですが、娘の経験に合わせたものを・・・と、

今回のmessy roomと、 dentistへ行く のテーマになりました。

 

娘2才にして、一緒に読む絵本で学んでいます。。。既に、自分の学びがチャレンジングに!

子供のお陰で、日々ワクワクです。 がんばれ、自分!

 

お次は、この辺りかな・・・♪

タイトルから内容を想像しているだけですが。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    greenmom (土曜日, 02 2月 2013 00:18)

    今回ご紹介頂いている絵本は、普段の生活にかなり密着した感じがテーマの絵本で、かなり共感できそうですね。
    また欲しい絵本が増えました。
    私も、子どもたちの絵本で新しい言葉や言い回しを勉強させてもらっています。
    5歳の娘にと思う絵本は、私の知らない言葉も多くて、一緒に学びたいと思うことばかりです。
    なのに、忙しさを言い訳に、なかなか辞書も引かないんですけどね・・・・。
    同じく、がんばれ 自分!です。

  • #2

    nonnativemama (日曜日, 03 2月 2013 00:50)

    シリーズもの、つい揃えたくなりますが、これもその一つです!
    でも、まだ子供の経験が追い付いてないので(学校へ行くとか、お金についてとか)、これから一つずつ慌てずに選べそうなのもこのシリーズの良いポイントです。
    本当に、本によっては、意味は分かっても、殆ど自分で使ったことのないような表現が色々登場するものもあり、すごく勉強になります。
    子供と英語に触れてなければ、私の場合、きっとモチベーションもなかなかキープできず、勉強の継続も絶対出来ないと思うので、本当に子供の存在に感謝です。
    読み聞かせするだけで、英語学習に効果的と言われている方法のひとつ「音読」を自然にやっていることになりますし・・・しかも何度も同じ本で。
    greenmomさんにも色々教えて頂いてます、いつもありがとうございます!