テント生活

娘のYUは、2才2ヶ月。

 

最近は、「プリンセステント」内での活動が気に入っています。


組み立てた日のお昼はお友達と遊んで、その日の夕食はリクエストによりテント内で♪

私は、真横とはいえ、テントの外で食事していましたが、同じテーブルに子供がいないだけで、

いつもよりソワソワ感が少なく、落ち着いて食べられた気がしました。

たまに、こういうのもいいなーなんて思いました。

 

 

その後、自分だけでテント食をすることはありませんが、 一人でクマのぬいぐるみと遊んだり、

私を誘い込み、本を読んだり、playdough遊びをしたりしています。

 

写真を撮るためにこの時は、ドアを開けて(巻き上げて)いますが、

いつもはドアを閉めた状態で、knock knock, May I come in? と、言って私がのぞくのが好きみたいで、

すごく嬉しそう&少し恥ずかしそうな顔をして、Sure .  と迎え入れてくれます。

 

娘だけだとかなり広々して見えるテントも、私が入るとそれはそれは狭いものです。

ごろ寝で上半身だけ、お邪魔したりしています。


テントで読んだもの。

 

友人が「読み始めたらこういうの面白いよ」と教えてくれたこのシリーズ。娘が読み始めるのはまだまだ先ですが、忘れないようにとひとつ購入しておいた左のボックスを娘が初めて持ってきて、右の一冊を選びました。

 

主人公はMaidさん。

家事についての表現もたくさんあり、大人にも面白いです。

娘はテントを出たり入ったりしながら、ごろ寝の私に馬乗りしたりして、たまに聞いていました。

 


 

 

また、お昼にはずっとこの絵本で男の子バージョンと女の子バージョンを1ページずつ見比べていました。

どちらも、とても気に入っています。

 

 

 

最近は、思い出したように夜にこのCDを聞いています。

まだ、あまり朗読CDを活用できていない我が家ですが、

これだけは絵本を開く回数よりCDで聞く方が多いです。

メロディに乗せたセンテンスやフレーズが心地よい☆

娘もこの本のタイトルだけは、メロディに乗せて言います。



テントの後ろの方に写りこんでいるのは、クリスマスの頃に楽しんだペインティングです。

目の前にあるものを見ながら描いてみようというものでした。

太陽も加えてみました。

今日は何をやりたい?と聞いたときに、paintingが時々出てくるので、結構好きなのかもしれません。

(たいてい、zoo 動物園か、近所のスーパーの名前を言います)