こっち見ないで♪ の気持ちの芽生え&指示待ち読み聞かせ

娘のYUは2才2ヶ月。

 

今日は、クリスマスプレゼントで頂いたABCの本を眺めながら ABC Songを歌っていたので、

私は自分が読んでいた(別の本を読み聞かせ途中)本から顔を上げて、参加して一緒に歌おうとしたら、

 

No! Mommy, read!

 

と、自分の方ではなく私が手に持っていた本の方を見るように言われました。

2才でも、しっかり自分だけで楽しみたい世界があるのですね。

その後も、一人で歌ったり、でも時々一緒に読みたがったり、そんなひと時を楽しみました。

 


・最近の読み聞かせ

 

最近はすっかり自分で読みたい本を持ってきてくれるようになり、

私はますます家の中での運動量が減ってきています。

私が本を選ぶのは、娘が私に選んで欲しい時だけですが、殆ど自分で選びたがります。

読み聞かせを始め、色々な事に関して意志を示してくれ、親の方は自分の用事をしながらとは言え、

娘からの指示やサイン待ち状態です。

・・かと言って、いつもリクエストや指示に従える訳ではないですが

(何かの途中だったり、人と話している最中だったり)、

読みたい(読んで欲しい)という意欲があり、その意思を示してくれるのは有難い(楽)です。

 

生活リズムや学びの環境への意識は大切にしたいと思いつつも、そんな風に意志に任せた感じなので、

殆ど本を読んでいない日もあるのかもしれません・・・

それさえも分からないなんて、なんといい加減な感じでしょう。

・・・という訳で、もっと記録を頻繁にして、その辺も把握できるようにするのが今後の目標です。

 

 

そして、今日の記録です。

 

 

 

今日は、私のための美容院の日。

色々なものを持参しましたが、こちらのDVDを何となく流しながら待ってもらいました。

我が家にある数少ないDVDの1本ですが、何度も観て楽しんでいます。

 

 


 

上のBaneyのDVD中に娘も私も好きなThe WigglesのDVDのTrailerがあり、娘がかなり興味を示していたので、そちらを購入してみました。

今もCDだけで歌やダンスを楽しんでいますので、到着が楽しみです。



 

夜は、珍しく私がすぐに眠たくならず、いつもより多めに読みました。

それでも娘より先に寝てしまったのですが・・・。

2歳児の本の選択は、もちろん季節など全く関係なく、目立たない場所からも持って来たり、

気のままですが、それも、娘の好みや気分や成長を感じるきっかけになり、大切にしています。

 

 

 

 

クリスマスシーズンに続いて、これから、年末・年始、家族旅行などで、

子供にとっては、短期間で色々な体験の機会となりそうですが、のんびり楽しみたいと思います。