図書館からの本記録

娘のYUは、2才2ヶ月。

 

クリスマス前で少し前になりますが、図書館で借りた本の記録です。

最近は図書館からの絵本にも興味を示して、読んで欲しがります。

今回は、機関車トーマスのシリーズに目を付けたみたいで、新しいお気に入りが増えました。

 

男の子のお友達が読んでいたのがきっかけで、娘が気になっていたシリーズ。

お気に入りになりそうな雰囲気です。

私は、乗り物などに殆ど興味がなかったので、これを機会に少しずつ世界を知りたいと思います。


中国のお話。

パパの出稼ぎで、一年に一度、お正月の時期だけ一緒に家で過ごす家族のお話。我が家のような単身赴任家族には、感動もより伝わります。

中国のお正月文化も興味深いです。

娘は、パパがまた出稼ぎに出発するシーンをよく見ています。


 

 

季節に合わせたチョイス。

私はすごく気に入りましたが、娘の反応は・・

ニュートラルといったところです。


 

日本の絵本の英訳本。

このシリーズは、CDと一緒に借りられるのが嬉しいです。

最近は、CDを聞きながら絵本を見ることが出来るようになってきました。

 


どちらも、何度目かですが、やはり好きみたいです。

娘がテーブルにひじを付いている時など、

私が "David?" と言いうと、気づいて手を下していました。

(It's Christmas, David!の方に、このことを注意される内容が出てきます)

 



最近購入したもの

 

DAVIDに一時かなりはまっていたので、Davidが赤ちゃんの頃の3冊セットを購入してみました。

箱入りのセットということもあり、2才の娘はとても気に入っていますが、

内容的に、もっと早く手に入れればよかったと思いました♪