幼稚園留学に関する本 Helloの幼稚園

子ども達の英語環境を考える時に、いつかは留学なども!とお考えの方も多いかと思います。

 

自分の子どもが、現在、幼稚園生と言うこともあり、今回この「Helloの幼稚園」という本を読んでみました。

 

「Helloの幼稚園」というタイトルは、著者の中村敦孔・永 ご夫妻のお子さんが、アメリカの幼稚園をこのように呼んでいたことから。

 

日本の幼稚園に対して、アメリカの幼稚園のことを「Helloの幼稚園」って、カワイイですね。

 

著者のお二人のお子さんが、初めてアメリカ幼稚園を体験したのは、上のお子さんが年中、下のお子さんが3歳になったばかりの時。

 

それから、毎年、連続3回(もしかしたら、この本の出版後も続けていらっしゃるかもしれません)。

 

それぞれの留学は、数週間~1カ月程の体験で、細かく記録されています。

 

ご家族揃っての滞在もありますが、3回目はパパと二人のお子さんだけの留学。

 

とても良い思い出になりそうです!

お子さん二人が通った幼稚園は、モンテッソーリ系の指導をされていたとのこと、その教育法に沿った指導がどのように行われているかも、興味深かったです。

 

お子さんが、幼稚園で取り組んだプリント、宿題なども紹介されていて(画像が見にくくてすみません)、算数などは日本とアプローチの仕方がちょっと違うことも分かります。

 

また、通常の幼稚園の体験の他、毎日バラエティに富んだ活動を取り入れたサマースクールの様子、創作活動の様子も紹介されていました。

 

今はインターネットで様々な情報が手に入りますが、幼稚園関係者を含む、周りの人々との交流などを含めた、実体験に基づいた記録は読んでいてとても楽しかったです。

 

最後に、大学・大学院留学などは、大人になっても行けますが、幼稚園留学と言うのは本当に限られた期間しか出来ないと考えると、こ体験や記録はとても貴重なものだと改めて思いました。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、この本で紹介されている幼稚園の教育アプローチであるモンテッソーリ。

 

モンテッソーリに沿った英語教材もインターネットでたくさん見つけることが出来ます。

 

無料のページがあるものをご紹介いたします。

 

我が家も、無料のもの、有料のもの、利用しながら遊んでいます。

 

Montessori Printshop

 

Montessori for Everyone

 

ご自宅でも楽しまれてください!

 

 

 

0 コメント

到着☆世界を旅するアメリカ発子ども学習定期講座

今年初の投稿です! 更新頻度については、毎年の新年の目標になりますが、今年も同じです。

 

2016年もよろしくお願い致します。

 

さて、昨年やってみよう!と思いつた、アメリカの子ども用月刊教材 Little Passport。

 

こちらにその記事を書きました。

 

クリスマスプレゼントしてピッタリな時期、12月中旬に到着しました。

 

●到着!

すぐにご報告すればいいものを、こんなに遅くなってしまいました。

 

しかも、アメリカからのメールで「次の号を発送しました!」と昨日連絡があったので、せめてそれが届く前に。。。とようやくです。

●小さなスーツケース

 

お風呂上がりの写真撮影で、失礼します。

 

箱を空けると、カワイイ小さなスーツケースが登場。

 

バッグ類が好きな娘のテンションは上がります。

 

喜んでくれて何よりです(この時点で既に満足)。

 

紙製ではありますが、とても丈夫な感じです。

 

ハンドルはしっかりした金具で出来ていて、スムーズでしっかりしています。

 

これから来る教材をここに入れられるようになっています。

 ●地図を発見

 

すぐに目についた地図を開いてみました。

 

紙製ではなく、柔らかいプラスティック?のようなもので、敗れず、濡れない、感じです。

 

今回のテーマである7大陸が色違いで学べます。

 

次号から届くおもちゃなども、この地図で確認しながら遊ぶようです。

 

娘は、早速、部屋に貼っていました。

●色々なグッズ 

 

地図以外のものも全部出してみました。

 

毎回、ワークブック、旅先からのキャラクターが書いたという設定の手紙、ポストカードが届きます。

 

スーツケースに貼るシール、スーツケース用名前タグ、ワークブックに貼るシールも付いていました。

 

今回のテーマ、7大陸それぞれの説明を書いたプリントもありました(大人用レベルの説明)。

●スーツケースにシール

 

早速、スーツケースにシールを貼りました。

 

こういう時、子どもは全く躊躇しないですね。

 

最近のシールは、きれいにはがれるように出来ているようですが、それでも大人はシールを貼ることをためらってしまいます!

 

自分オリジナルになって喜んでいました。

●ワークブックに取り組む

 

今回のテーマ、7大陸を学ぶワークブック(約20ページ)を一緒にやってみました。

 

シールを貼ったり、線で結んだり。

 

対象年齢が、3歳~5歳の教材ですので、5歳の娘はサラサラ終えてしまいました。

 

次の年齢層のプログラムでも良いのでは?と思いましたが、そうなるとこのプログラムの全容を知らないままになり、私の好奇心も満たされないので、娘が楽しんでいるならしばらく今のままで、と思っています。

●7大陸のシールをスーツケースに貼り、今月号は終了

 

今月のテーマである7大陸

North America

South America

Africa

Asia

Europe

Australia

Antarctica

 

全てのシールをスーツケースに貼って大満足!

 

ベッドルームへ向かいました。

 

次号のテーマは、Landmarksだそうです。

 

またこちらでシェアさせていただきます!


 

最後に、この定期講座をするにあたり、頑張って終えよう!と親子で目標を立てて、12月に急ぎ足で終えたワークブックはこちらです。

 

今回の定期講座が地理を学べるものなので、地理つながりで、手を付けていたこちらを到着までに!と頑張れました。

こちらのDKワークブックシリーズ、手軽に取り組めて相変わらず好きです。

サイエンスもKindergarten レベルをマイペースで終わらせたいと思います。

 

来月には 1st Gradeを足並みそろえて始めます(目標)。

 

いつもマイペース過ぎる感じですが、今年も無理せず続けます♪

 

読んで頂きありがとうございました。

 

0 コメント