マンハッタンのインドア遊び Children's Museum of Manhattan

今回の滞在では、娘が疲れてもいいようにベビーカーでの移動。


主人が仕事の時は出来るだけ、徒歩で移動できるところに遊びに行きました。




写真は、アッパーウエストにある Children's Museum of Manhattan。こちらも滞在先のご近所さんです。


ホームページはこちらから

Children's Museum of Manhattan
The Tisch Building,

212 West 83rd Street, New York, NY 10024



自由に遊ぶコーナーあり、スケジュールに従ってちょっとしたレッスンやアクティビティもあります。


毎日通えるフルタイムのプリスクール、季節ごとの特別スクール、その他、今回の私たちのように突然訪れて予約なしに参加できるものなど、いろいろあります。



こちらからスケジュールが確認できます。


毎日、年齢ごとに異なったアクティビティが準備されています。



砂と道具で遊ぶコーナー


どの子も、黙々と集中して遊びます。


娘は誰かと交流があるかなーと見ていましたが、ここでは本当に誰一人しゃべらず、とことん砂に向かっていました・笑。








ストーリータイム

以下の二冊を含めて、合計4冊くらい読んでくれました!


小さな子がたくさんいても、読むスピードは速い(自然)です。


お買いものごっこコーナー


たまたま一時的に子ども達が集まり、娘も交じって遊んでいました。


。。。と言っても、初対面の集まり。


まだまだ個人プレーの集まりという感じで、お話は「たまーに」。見ていて面白かったです。


娘は、意外に物怖じしないものだと感心していました。


Dora のお話がテーマのフロアで遊んでいる所。


これは、パズルですが、その他にも教育的に作られた遊びがたくさんありました。


 大人も楽しめます。


カードを入れると、アルファベットやそのアルファベットで始まる言葉をしゃべるワニ


遊び場全体の様子。これはワンフロアで、全体では5階位ありました。

日本と同じで子どもの後ろをついて歩く大人たちです★



シェービングクリームでアイスクリームのペインティング


思った以上に楽しく過ごせました。



一番驚いたことは、NYの子ども連れは、親子ではなく殆どが、ナニーかシッターだったということです。


アメリカの都会のママは良く働きますね。


またNYを訪れた際は遊びに行きたいと思います!




2 コメント

ニューヨークでもLego! Upper Westのおもちゃ屋さん

滞在先の近くにあるアッパーウエストの小さなおもちゃ屋さんに♪


日本で買えない絵本とか、おもちゃとかあったら、買ってもいいかな~、なんて思いながら。


West Side Kids
498 Amsterdam Avenue
at 84th Street
New York, NY 10024


珍しいものがあれば娘も喜ぶだろう、と思いましたが、どうしても欲しいと言われて買ったのはこちら。

アマゾンでは高めですね。実際は50ドル位でした。

 

私が時差ボケであまり活動できない時に、横で組み立ててくれていました。

 

このフレンズシリーズ、娘にとっては全然珍しくなく、アマゾンでしょっちゅう購入して遊んでいます。

 

ただ、これまで作ったものは小さなセット。この大きいサイズに憧れがあったようです。


マニュアルを見ながら、ひとりで夢中で組み立ててくれるので、家事や仕事をしないといけない時に助かります。



 

 

 

あとは、リーダーの本を何冊か購入しました。一冊はAmelia Bedeliaシリーズ。

 

Amelia Bedeliaってメイドさん(大人)だけでなく、「女の子」シリーズもあるのですね。

 

お友達用語や学校用語が学べそうです。

大好きなFrozenシリーズ

バレエが好きな女の子に人気のAngelina Ballerina



他にも気になるものがありましたが、欲しいものばかりで買い物に歯止めが利かなくなりそうなので自制しました。


この近所のおもちゃ屋さんには、2回ほど遊びに行きました★


日本のご近所にあったら、毎日でも通ってしまいそうです。




1 コメント

Strolling Down to Central Park ふらりとセントラルパークへ

今回滞在したマンションはセントラルパークの近くでしたので、何度も立ち寄ったり、通り抜けたりしました。


娘はシャボン玉のパフォーマンスが気に入ったようで、しばらく遊んでいました。


チップ以上に遊ばせて頂いたような気がしますが、そんなことは娘の知ったことでなく、そのうち知る大人の世界です。






乗せてやりたいと思っていた、Carousel 観覧車 もDaddyと一緒に楽しみました。

 

ホームページへ

 

地元の動物園にあるメリーゴーランドはBGMがアンパンマンでサイズもポニー位ですが、こちらはダイナミックなBGMと、大人も余裕に乗れるサイズです。


ニューヨークで3ドルは安い!と思いました。地元の人が気軽に乗れる値段ですね。


お天気にも恵まれて、到着の日からよいお散歩が出来ました。





なんて平和なニューヨーク!


この後、主人の友人とゆっくり話す機会がありましたが、今のニューヨークは最高に安全だそうです。


もちろんそれを支える、NYPDニューヨーク州の警察やその他の管理があってのことですが。


それを肌で感じました。



0 コメント

空港からアッパーウェストへ Airport to Upper West

成田発のフライトは、同日午前にJFK空港に到着。


Immigrationの様子で娘は日本と様子が違うと感じたようで、列の先頭を各ブースに案内する係員を見ながら、あの人英語を話している、と。


今回の旅の前から、ニューヨークに行けばみんな英語だと話してはいましたが、ようやく実感したようで、寝不足もあってか、更に興奮状態でした。





そして、空港からマンハッタンへ。


マンハッタンへのタクシーが値上がりして、チップを入れて60ドル以上!


以前住んでいた時は、半分くらいだったような気がします。


マンハッタンの家賃がすごいことになっていると新聞で読んだことがあったので、そんな流れがここにも?と感じました。





滞在はホテルにしようか、古い友人を頼りに、、?など色々考えましたが、私がNYに住んでいた頃からの友人が以前利用したとのことで紹介してくれた、最近流行りの airbnb を利用してみることに。


子どもとのんびりした時間を楽しみたいこともあり、セントラルパークに数分で行けるアッパーウエストに。


マーケットやレストランなどもある、落ち着いたマンハッタンの一角です。


プライベートのベッドルームとバスルーム、そしてキッチンやリビングはオーナーカップルとシェア。


家族でのプライベートも大事に、娘には、ちょっぴりニューヨーカーとの触れ合いも。。。と、この選択にしました。


娘にとっては、他人と一緒に過ごすのは初。


とても嬉しそうで、オーナーと一緒に過ごしたい気持ちがいっぱいのようでした。


若くてフレンドリーなインド系ニューヨーカー夫婦。


小さな子どもは普段ゲストに来ないと思いますが、気持ちよく受け入れてくれました。





この二人との出会いのお陰で、帰国後も地図を見ては、インドを意識するようになりました。


様々なバックグランドの人々がギュッとまとまった、マンハッタンでの素晴らしい出会いでした。




0 コメント

Are we landing yet?!  New Yorkへ 初海外旅行

Yuは、4歳8カ月。


Daddyが仕事でニューヨークへ行くのに便乗して、家族で8泊のNYへ行くことになりました。


飛行機もかなり前の沖縄旅行振り。こちら


娘はとても興奮していました。


殆ど退屈な瞬間なしで、約13時間のフライトを楽しみました。


写真は機内で頂いたトランプで神経衰弱中・・・。


数字もマークも全く同じものでないと「マッチ」にならないという独自のルールにより、一枚も合わないまま終了しました。


空港で幼児用の雑誌や工作の買い物もして準備していましたが、殆ど開けずに済みました。


何よりも機内映画を堪能してくれました。


何度も繰り返してみていたのはこちらの、Tinkerbellのお話。


それにしても、Youtubeでこんなにフルで出していいのでしょうか。


削除されるかもしれませんが、今回の旅行では感謝感謝です。


トイレに約1~2時間ごとに連れて行かれ、殆ど私は寝れませんでしたが、それ以外は順調!


あ、お願いしていたチャイルドミールはお菓子いっぱい。


親的には一瞬「うーん」と頭を抱えましたが、長いフライトではこちらも出来るだけリラックスしたいので良しとしました。


心配だったフライト、クリア!ほっとしました。









余談ですが。


私自身にとっては約15年ぶりアメリカ (6年半ほど住んでいました)。


子どもが生まれて(加齢とともに?)本当に心配性になっていることを感じていますが、今回のフライトは前日に緊張というかプレッシャーと言うかで、軽く腹痛まで・・。


そんな母の思いとは裏腹に、娘は飛行機に大興奮。


そんな様子を見ると心配も段々薄れてきました。


年を取ったものです!この旅行を機会に今後はリハビリ(心配性克服)に努めたいと思います。






0 コメント