親子で楽しめる小さな(2-4才位)子ども達のためのTV番組や動画10選

Sesame Street 

日本でも以前放映されていた、アメリカの教育番組セサミ・ストリート。

文字や数字などはもちろん、幅広い内容をパペットや有名人と共に学べます。


公式ホームページ

You Tube チャンネル





最近、偶然、複数の友人や知り合いに「小さな子どもが楽しめる動画」について質問を受けました。

 

良い機会ですので、特に小さなお子さんのためのキッズTV番組や動画サイトについてまとめてみました。

 

親子で英語を楽しむ皆さんは、他にもたくさんの動画を既にご存知だと思いますが、今回は我が子も良く見ていたもの(今でもよく見ているもの)を選びました。

 

それぞれの公式サイトでは、ゲーム等も出来ますので、少し年齢が上になったお子さんはそちらも試して楽しんで下さい!

 

 

 

 

 

Daniel Tiger's Neighborhood

トラの子どもダニエル君が住んでいるコミュニティの中で色々な体験をします。

気持ちを表すこと、周りの人に対する敬意などを一緒に学べます。


公式ホームページ

 

Barney

とても明るい紫色の恐竜バーニー。

子ども達にたくさんのことを教えてくれます。


公式ホームページ

 

Caillou 

主人公は4歳の男の子、カイユ。

家族との関わりや子どもの世界をアニメで楽しめます。


公式ホームページ

 

The Wiggles

オーストラリア発の子ども向け音楽バンド。

子どもに親しみのある動物や食べ物などの世界を本格的な音楽に乗せて楽しめます。


公式ホームページ

Youtube チャンネル

 

Peppaa Pig

ぶたの女の子ぺパとその家族や周りの動物達がのアニメ。

ほのぼのとしたキャラクターに癒されます。


公式ホームページ

YouTubeチャンネル

 

Ben & Holly's Little Kingdom

王国に住む妖精、エルフ、昆虫が登場するイギリスのTVアニメ。

King Queen を始め、ロイヤルワードも楽しめます。


公式ホームページ

YouTube チャンネル

 

Mother Goose Club

マザーグースの歌や詩を、着ぐるみを来たお姉さんやお兄さんたちが歌ってくれます。

時々、オリジナルのアレンジも楽しめます。


公式ホームページ

YouTube チャンネル

 

 

 

 

 

Sid the Science Kid

科学が大好きな主人公Sidと家族、同じスクールに通うお友達や先生が登場。

毎回異なるテーマで科学が学べ、実験のシーンは実写でリアルに。


公式ホームページ

 

 

 

 

 

Curious George 

お馴染みのおサルのジョージ。

個人的には、黄色い帽子のおじさんのジョージへの接し方で、子育てを学んでいます。


公式ホームページ

 

 



数が多くなってきたので、続編として、いつか次回に続けたいと思います!

 

 

0 コメント

ファンシーなクラフトを自分で選ぶ楽しみと、自分で作る成長

前回のクイリング初体験に続き、またまたファンシーな工作を楽しみました。


クイリング体験についての記事はこちらから





まずは、こちら Pretty Masks 

母が仕事か用事をしている最中に、自分で全て作った様子です。


うちにあるものだけで作ったのでシンプルですが、自分なりに考えて、割りばしでハンドルを付けました。


実際は、bendy straw 「曲がるストロー」で持ち手を作るともっと格好良かったと思います!



お次は、Paper Chain 


シンプルな紙工作ですが、意外と思い浮かばないので、本からのアイデアに感謝です。


完成品はしっかり部屋に飾りました。




クラフトのアイデアはこちらからです。


まだまだ作ってみたいものがたくさんあります。


もっともっとたくさん作って、遊びたいと思います!


いつもお立ち寄り頂き、ありがとうございます。





0 コメント

高クオリティ★親子で楽しめる絵本読み聞かせ動画 by SAGの俳優陣


インターネットの普及で世界中の動画がたくさん見れるようになり、ネイティブスピーカーによる絵本の読み聞かせが楽しめる時代です。


英語が母国語ではない家庭でも、子ども達に世界の名作を英語のまま聞かせることも難しくなくなり、嬉しい限りです。


我が家も読み聞かせ動画を見て、子どものための絵本選びの参考にしています。


そんな中でも、親子で楽しめるのが SAG (Screen Actors Guild)というアメリカの俳優さんの組合が取り組んでいるこちらの絵本読み聞かせ動画シリーズです。


お話に合わせた雰囲気やスピード感、感情表現など、やはりプロは違う!と感じずには入れません。




Storyline Online by SAG(You Tubeのページです)



そのStoryline Online からいくつか動画をご紹介したいと思います。





●Catching the Moon●  

by Kevin Costner and Jillian Estell

日本でも有名なケビン・コスナーさん登場

↑お二人は、映画 Black or White (2015)で共演。

 こちらは映画の予告動画です。



●The Rainbow Fish●

by Ernest Borgnine

子ども達に人気の絵本です。


↑アカデミー賞主演男優賞も受賞した俳優さん(2012年に亡くなりました)。

 ブロードウェーのご経験もあります。



●A Bad Case of Stripes

by Sean Astin

ロード・オブ・ザ・リングでサムを演じたショーン・アスティンさん。


↑Lord of the Rings は見たことがありませんでしたが、すごいスケールですね。

 シリーズが続くのも頷けます。




A Bad Case of Stripes は、5歳の娘に読み聞かせたいとずっと思っていた絵本。


動画の俳優さんの娘さんも大好きだとのこと。


子どもと一緒に何度か見て、本人が気に入ったらこの絵本を自分でも読んでやりたいと思います。



もし読んだら、こちらでもシェアさせていただきますね!





0 コメント

シンプルでファンシーなクイリング初体験 Simple and Fancy Quilling

娘と一緒に、「クイリング」を初体験。



 

簡単でファンシーなバラの作品を作りました。


使用するのは、画用紙はさみノリだけ。

 

見かけによらず、本当に簡単! 

 

小さな子どもとも楽しめるシンプルさで、びっくりしました。

 


 こちらの本からのクラフトです。


内容は、タイトルのまま! 365個のクラフトやアートを紹介しています。


ペラペラとめくるだけで、数々の可愛いアートの写真に癒されます。


娘も「次はこれが作りたい」「もっとこれをやりたい」と、楽しんでいます。


Quilling? クイリング?って、初めて聞いた言葉だったのですが、手芸の方法のひとつだそうです。


ウィキピディアでは、


クイリング (Quilling) とは、細長い紙を巻いて渦巻き型のモチーフを作り、モチーフ同士を張り合わせて装飾図案を作る手芸。


とのこと。


あまり日本では普及していないのかな?と思いましたが、とんでもない!


検索では、数々の美しい画像が出てきました。。。。。♥


本当に美しいアートの形なんですね!

 

いくつになっても、新しく知ることが尽きません。

 

 

 

 

 

今回は、子どもと楽しめるレベルの Quilling クイリングです。

ペンなどに沿って紙を丸め、

芯に使ったペンを外し、改めてきつめに丸めて、

丸めたものをハサミでちょきん。


手順の説明の中に、

 

The slices get flattened by the scissors, so gently squash them back into circles.

 

切ったものはハサミで平らになってしまうので、優しく元の円の形にもどしましょう。

 

 

などのチョットしたコツも。


音読すれば、自分だけでなく、聞いている子どもにとっても有効なインストラクションに。



好きな形(本の内容に沿って、今回はハートにしました)に切った画用紙にノリを広がるように。

 

そこにハサミで切った画用紙をひとつずつ立てて、乾かせば出来上がりです。

 

ファンシーな割に、なんてシンプル!

たくさん作って、リボンでつなげるそうです。


またその後の進捗状況をご報告させて頂きます。





この本をぱらぱらとめくりながら嬉しそうな娘。作りたいものがまだまだある様子が伺えます。


目次です。 長く楽しめそうです・・・♪


イラストも本当にかわいいです!


また親子の楽しいクラフト作品が増えたら、シェアさせていただきます。



0 コメント

ステップ by ステップで子どもにやさしい Ed Emberley 流 おえかきの秋

娘のYuは、5歳。

 

ちょっとしたお絵かきブームですが、いつも、もっと上手に描きたいと思っている様子。

 

先日の「ドラえもん」なら、私でも何とか・・・。

 

 

ドラえもんの記事はこちらから♪

 

 

絵描き歌って、歌やメロディに乗っているのも素晴らしいのですが、「まずはこの線、次にこの丸」みたいにステップbyステップで進められるのが、子どもにやさしいです。


 

他のものを描くときも、ひとつひとつのステップで子どもに無理なく・・・と願い、アマゾンで偶然見つけたこちらの本で一緒に楽しみました。

 

ハッピーとシャイ

princess おひめさま


とてもシンプルな線や形で色々な表情や人物が描けます。そして、ページにぎっしり、その数もたくさん!

witch 魔女

skelton がいこつ


angel エンジェル

alligator ワニ



手軽に持ち歩ける薄さなので、外食時の待ち時間、その他のちょっとした細切れ時間も楽しめそうです★




ちなみにこの Ed Emberleyさんはこのハロウィンの絵本でも有名です。



世界にはいろいろな才能が溢れていますね。


お陰で親子で楽しめています。


Ed Emberleyさん、ありがとうございます!!



0 コメント