本来のvegetablesやriceの場所


娘のYUは1歳9ヶ月。

 

普段はなかなか自然に触れるが難しいので、主人の実家に帰省する際には、畑の土や自然に囲まれた環境を体験させたいと思っています。

 

スーパーで袋に入って売っているお米は、元々こんな風に田んぼにあるんだよーと、

本人は完全には理解していないかもしれませんが、たくさん触らせてお話ししました。

ナスやかぼちゃ、キュウリに玉ねぎ、アケビにニンニク、農家ではありませんが、あらゆる野菜を大量に作っている義理の両親。

野菜を分けてくれるのはもちろん、娘にこんな体験をさせられることに心から感謝です!

冷たーい小川のお水の感触も、覚えていてくれたら嬉しいです。

 

そのあとは、東京へ。

言葉も少しずつ出てきたので、今後東京滞在の機会には、英語イベントなど事前に調べて参加したいと思います!

 

親子英語、こらから更に楽しめそうな予感です★ 

 

4 コメント

Wee wee と Poo pooのこと

久しぶり過ぎる更新です。

 

more, mama, hair, shoes, nose, towel, ball, car, mango, tea, corn などなど、 

娘YU(1才9ヶ月)の言葉も少しずつ出てきて、このままでは記録しないまま成長してしまう~と焦ってきましたが、この数か月間のことも思い起こしながらマイペースで残せればと思います。

 

早速ですが、本日届いた絵本です。

 

女の子Prudenceちゃんが

potty (おまる) に挑戦して成功するまでの

トイレトレーニングについて♪

まさに、今の娘の興味にピッタリの一冊。


この絵本が是非欲しい!と思ったのは、日本語版との出会いから。

グランマからのプレゼントとして毎月2冊ずつ送られてくる童話館ぶっくくらぶの絵本の一冊がこちらでした。

主人公は「まあくん」

おしっこ、うんち、はもちろん、

おしりのあな、出たー!、などなど・・・・・。

 

まだまだオマルにも挑戦していない頃でしたが、

娘は興味深々で、読んで欲しいと何度も持ってきました。


娘はその後、オマルや普通の(大人用)トイレに興味を示し、座ってはみますが、

一度だけオマルでおしっこが成功したくらい。

成功したにも関わらず、私がびっくりして大声でほめたせいか?泣いちゃいました。

 

その後は、気が向いたらオムツのまま、座って遊ぶくらい・・・。

何故か、アンパンマンのぬいぐるみを、(きれいな)オマルに沈めたりして喜んでいます。

Potty に興味を示しているだけヨシとするのか、いくら人形でも「可哀そう」と辞めさせるのか、こういう時って、母としてはどのように反応するべきなのでしょうか。

 

Mmm.... I don't think アンパンまん is very happy down there.

 

と、今の所言っていますが。

 

・・・・・・ここまでは、余談です。

 

とにかく、娘がこの本をきっかけにオマルやトイレに興味を示したので、

絵本の作者は外国人だし、もしあれば嬉しいな・・・と見つけたのが英語版。

そして、更に嬉しかったのは、日本語版では主人公が男の子ですが、

英語版には女の子用があったこと!!

より、親近感を持ってくれたら母としては嬉しく思います。

 

また成長ぶりを記録したいと思います。

 

オマケ

 

こちらは英語版男の子用

 


2 コメント