10分で出来る親子バイリンガル活動

アメリカのバイリンガルファミリーのためのサイトMultilingual Livingの記事より、

10分で出来る親子バイリンガル活動の8つのアイデアご紹介

 

1.朝食の時に物語を聞かせる
2.5-10分間好きなスポーツをその言語で
3.学校に送るとき一緒に2曲歌う
4.YouTubeで10分位のアニメを見る、歌でも。
5.買い物に行き、カートに入れるものをその言葉で
6.料理をしながら野菜等の材料を一つずつリピート
7.ipadで2つ短い物語を聞かせる
8.ワークブック。10分以上はやらない

オリジナルの記事はこちらから

 

 

10分で出来る!と言う記事ですが、同時に殆どのアクティビティで10分以上はNG!というのもポイントです。

集中して少しずつの積み重ね。特に子供の場合大切です。

自分も肝に銘じたいと思います★

 

FACEBOOK始めました 

自分の勉強を兼ねて、皆さんといろんな情報をシェアしたいです。

 

 

 

 

いつも参考にさせて頂いているブログランキングです!


2 コメント

歯医者予約が近づくとある週

娘は1才5ヶ月。

 

少し前にデビューした歯医者の予約が近づいて来たので、最近は絵本で「歯医者さんはお友達」作戦!

出来るだけ早くから検診やクリーニングに慣れさせたいと思っていますが、まだまだ何が起きているか理解できず前回も号泣・・(汗)。

amazonで見つけて、最近はちょくちょく読んでいるのがこちらの2冊です。

レントゲンの場面

歯医者で使う道具

診察までの流れ 

・・・など楽しく解説

歯ブラシの使い方

歯医者さんって優しそう

歯垢チェック薬

・・・などなど


どちらの本も楽しく、歯医者ではリラックスしていいんだよ~と感じさせます。

家での歯磨き後も見せると喜んでいる様子なので、次の予約での変化を楽しみにしています。

さて、最近もお家で&お外で楽しんでいます。

 

子どもが生まれる前はあまり気が付かなかった「ダイソー」の子供用のグッズ。

改めて行くと、とてもたくさんあるのでビックリしました。

中でもシールブックは、動物園編、お手伝い編、遊園地編など、指を使って遊べそうなので試しに購入。

 


シールを貼りながら、動物の名前やその動物がどこに住んでいるかなどお話しします。

 

 

また、同じくダイソーでフワフワのフエルト製?の小さなボールがあったので、

いつか何かに使えるかもと思い買ってみました。

(パッケージを見ると、『プレゼントの緩衝材に!』とのこと)


帰るとすぐに袋を開けたがり、早速出しました。

入れ物からひっくり返して出してみたり、ただただ何度も同じ玉をいじってみたり・・・・。

もう少ししたら、色やサイズを分けたりして遊べそうです。

 

子育ては、毎日発見の連続で楽しいですね。

 

参考になるブログランキングです


0 コメント

Farm Animal 体験

娘は1才4ヶ月。

 

幼い子のためのホームスクーリングの定番テーマと言えば、Farm Animals!・・・と、

お天気の良い日を選んで、総合農事センターへ。

いつも絵本で見る動物たちを、娘に生で見せたかったので、私が一番喜んでいたかもしれません。

牛、馬、ヤギや鳥。

季節の植物、ビニールハウス(greenhouse)の中ではトロピカルな植物もあり、バナナが木に生っている所も見せることが出来ました。

梅の花もラッパ水仙(daffodils)も、とってもきれいに咲いていました。

洋書絵本で見るヒツジはいない代わりに、日本の農園ではヤギの方が馴染みがある気がします。

ヤギのえさやりも体験させることが出来て、とても満足しました(私が)。

 

歩きながら一緒に歌ったのは、Old McDonald had a Farm.

抱っこひもで抱いたまま長く歩いていたので、私はかなり息切れしていました(汗)。

 

 そして帰宅して、お風呂に入った後は、記憶がフレッシュなうちに、今日見た動物たちが出てくる本も一緒に読みました。

いつも読むこの本もちょっと新鮮★


娘の人生、まだまだこれから!

言葉を含めて色々なことを、体験を通して学んで感動してほしいと願っています。

 

 

 

 

頑張るパパママの記録ブログランキングです


2 コメント

Rice Puff Sensory Bin

娘は1才4ヶ月。

 

前回のフワフワsensory binに続いて、ポンポン菓子に挑戦です。

日本では「食べ物で遊んではいけません!」と叱られそうですね。

アメリカなどでは、シリアル、パスタ、お豆、粉類、などでの遊びのアイデアが結構ありますが、そのポイントはやはり安全性です。

小さな子供の口に入ってもドッキリ大慌てしなくていいのは食べ物、ということで、粘土も幼い時はあまり使わせずに、小麦粉から似たものを作ったり、パン生地で形を作って遊び、遊んだあとは焼いて食べちゃえっていうのも楽しいです。

 

外で遊ぶのはちょっとまだ寒いのと、まだ口に入れてしまうことが多いので、砂場はまだお預け。

道具は砂場で使うものを準備しましたが、ちょうど良かったです。

あとは、キッチンにある普通の食器やスプーンなどです。


 

 

私は少し一緒に楽しんだ後は、お洗濯干しに取り組み、娘にはこのCDを聞いててもらいました。

かなりポンポン菓子に熱中していたので、耳に入っていたかはハテナですが、

最近はこのリズムに対する反応がいいです。


すぐに飽きたかな~と思いましたが、思い出しては何度もかきまぜたり、つまんでみたり、道具を使ったり、一日中、感触を楽しんでいました。

熱中具合を眺めていると、「砂場を始め、このSensoryもの、子供には大事なんだろうな~」と改めて感じました。

 

次はどんな Sensory Bin に挑戦しようかと考えています!

 

 

参考になるアイデア一杯のブログランキングです


14 コメント

英語でとんちクイズ

飛べない鳥は?

 

 ・・チリトリ!

 

お風呂が好きな人が住むアメリカの州は?

 

・・・ニューヨーク(入浴)!

 

みたいな、とんちクイズも英語で楽しめます。

 

アメリカのアフタースクール The Growing Room のサイトより

 

英語でとんちクイズ(riddle)のページです。

 

Art & Craft や Mathのページも色々なアイデアがあります!

Have Fun!!

 

 

 

いつも参考にしているブログランキングです


0 コメント

子どものためのアート本


子どものためのアート本が届きました!

モネやピカソ、その他のアーティストの有名作品を通して、子供にアート体験を楽しませるアイデアがたくさん。

自分もこんな風に、こどもの頃アート作品に親しみたかったな~と言う気持ちになりました。

大人も知らない有名作品の裏側も楽しめる一冊です。

将来使うのが楽しみです。

 

 

親子英語のサクセスストーリーが楽しめるランキングです


0 コメント

遠足:川の生き物生体@水環境館

娘は1才4ヶ月。

 

遠足として、北九州小倉北区の水環境館へ♪

街の中にあるこの施設、目立つ割に行ったことがない人が多いのではないでしょうか。

隣を流れる、紫川の生き物のちょっとした水族館のようなものです。

何といっても、区が管理しているということで、入場料無料というのが有り難いです。

シャンソンとピアノのミニコンサートもあるというので、娘に生の音楽に触れさせる目的を兼ねて行きました。

 

娘はまさに、指さし全盛期!

何でも指さしてそちらに向かいます。

何もなくても、とりあえずどこかを指差し、その後に何かあるか探しています。

ここでは、大きな亀にご対面。

亀は色々な絵本に登場するので、

少し分かってくれてるかな~と期待してました。

すると、たまたまなのか、家に帰ってすぐに、この本を読んでとリクエストしてきました!

亀さんを含む、池の生物が登場する絵本です。


川の生体ですので、普通の水族館のようにイルカのショーや、カラフルな熱帯魚などはいないので、fancyな雰囲気はありません。

でも、水槽をすべて子供の目の高さにしてあったり、質問コーナーには、子供たちからの質問とそれに対する答えをそのまま張り出していたり、また帰ってきたと思うポイントが多かったです。

地域の保育園、幼稚園、小学校もよく訪問に来ている様子でした。

 


また、毎週、週末に工作のイベントもあり、魚やその他の生き物を制作するとのこと、娘が参加できる年齢になったら、これまた是非!と思いました。

★カメの呼び方いろいろ★

  • アメリカの場合

          turtle     亀全般(以下で分類)

          sea turtle 海ガメ

          tortoise  陸ガメ・淡水ガメ

          terrapin  淡水ガメだけ

 

イギリスやオーストラリアでは、また少し分類が異なるそうです・・・!

娘には、細かいことは私に聞かずに、自主学習の習慣を身に付けてもらいたいものです・笑。

 

 

参考にさせて頂いているブログのランキングです

 


2 コメント

ふわふわ Sensory Bin

娘は1才4ヶ月。

 

Sensory Bin

アメリカのホームスクールのことを調べるうちに、日本ではあまり聞いたことのないこの言葉に出会いました。

ホームスクールを始め、幼い子供(幼くなくても楽しい!)の教育現場に登場する、体験型の小さな空間とでも言うのでしょうか。

テーマを決めて、それを五感で、疑似体験、または本格体験できるように、大き目の容器の中にそのテーマの世界を作ります。

テーマは、ファーム、秋、海の中、光りもの、砂場、などなど何でもありです。

説明よりも写真を見た方が分かりやすいかもしれません

とても本格的なものは、大人でも触ってみたい気持ちになります!

 

今日は、元々そのつもりはなかったのですが、結果的にそういう形に近いものが出来たので、「初Sensory Binの日」と致します。

中身は、スポンジと小さなカラフルふわふわボールなので、テーマは「ふわふわ」

Fluffy Sensory Bin と言うことにしました。

本当は、もっと小さな容器で、外から手を突っ込んで楽しむようなものですが、家にあった赤ちゃん用バスタブです。

娘は、いつまでもいつまでも、出たり入ったり、中のものを出したり入れたりを繰り返して盛り上がっていたので、sensory binの威力はすごい!と思いました。


私の手に球を乗せては、拍手をしたり、笑ってみたり、とても気に入ってくれたようです。

 

そして、今日は100円ショップ「ダイソー」で、ちょうどいいワークブックを見つけたので、買ってみました。

2歳~と書いてありましたが、娘が何となく馴染みのありそうな内容をちらっとやりました。

 

書く、折る、切る、貼るがテーマの小さなかわいいワークブックです。この他、動物のシールとか、ちょっとしたパズルとか、砂場遊びグッズとか、今まであまり気づかなかったものを買ってみました。

Which color do you want to use for the strawberry?

「かく」より、いちごぬりえ。青も赤も使っていますが、まあ何でもOKです!

「きる」の中の1ページ、ブレーメンの音楽隊。動物を切って、どの順番で背中に乗っていくか、一緒に重ねながら考えます。これは、まだ娘には早いので、いつかまた。


「おる」のひとつ、うさちゃんのイナイイナイバー。

 

でも、やっぱり最後まで、フワフワが気になって仕方がありませんでした。

これからも色々なsensory binに挑戦します!(宣言)

いつも参考にさせて頂いているブログランキングです


0 コメント

Fun Flashlight!

娘は1才4ヶ月。

自分のかかとを Flashlight 懐中電灯で照らしてみている写真です。

何故、顔でもなく手などでもなく、かかとなのか・・・大人にはない感覚のような気がします!

 

電気を付けて渡したら、持って嬉しそうにウロウロ部屋の中を照らして回っています。

1-2か月前に、懐中電灯を照らして遊んだ時には、今日ほど反応しなかったので、成長したんだな~と、恒例の「感激の一瞬」でした。

 


Flashlight 探検です(活動範囲は、約10畳)!

 

部屋の電気を消すと、更に良く見えたので、

 

私が照らして見せて、

"These are your towels, we see your piano over there..."

(こっちはタオルであれはピアノで。。)"など、指したものを一緒に見たり、

 

手や足を照らして、

"Now, what's this?"

(これ、なーんだ?)

と問いかけてみたりしました。

 

また娘に手渡して、

"Point it to your bunny!

(うさぎさんを照らして)." 

等、にも挑戦しましたが、まだ少し難しいようなので、懐中電灯を一緒に持ってやってみました。


まだ付いていた電気を指差して、なんだか要求していたので、こちらも消してみたら、喜んで更なる暗闇探検を続けました。

 

娘もそうですが、子供は「影」も好きなので、壁に影を作って遊んでも楽しいと思います。今回は忘れていました。

 

今日もいい経験が一緒に出来てハッピーでした★

 

参考になるアイデアがたくさんのランキングです


0 コメント

黄色!で、色デビュー

娘は1才4ヶ月。

 

最初に、正式に(?ホームスクールらしく)紹介する色は、何色にしようかな~♪

その時は、家にあるそのテーマカラーのものを色々目の前に揃えて準備したいな~♪

なんて夢見ていたのに、突然、色デビューを迎えて、あっという間に終わってしまいました。

 

と言うのも、黄色のクレヨンで画用紙に落書きを始めたので、今がチャンス!と思ったからです。

 

 

全く準備していなかったので、急いで目の前にある黄色のものを並べました。本や、テーブルにあった食べかけバナナ(見苦しくてすみません)、引き出しから引っ張り出したままのシワシワTシャツ。

 

とにかく「飽きないうちに、手早く!」を目標に、Shapes and Colorsのワークブックを取り出し、黄色のページを開き、付録のシールを貼らせました。

シールひとつだけでは気が済まなかったみたいで、青やオレンジのページの分も貼りました。

 

 

急げ~!(心の声)

娘は、一か所にジッとしていることはあまりなく、すぐに立ち上がって動き回るのが好きなので、時間との勝負です。

 

ワークブックのお月様だけ、私が塗ってみせました。

すると、意外にそこにそのままいて、クレヨンでページ全体をサラサラ塗りました。

 

Yellow♪ yellow♪と、歌っていた私の声が耳に残ってれば嬉しいです。

短い時間でしたが、貴重な「色デビュー」となりました。 

ワークブックのデビューも出来て、感激。

次は、何色か分かりませんが、もう少し準備に余裕が欲しい所です!

 

 

参考になるアイデアいっぱいのランキングです


0 コメント

アート・クラフトのアイデア情報サイト

アートの専門ではない私ですが、子供にはたくさんアート体験をさせてやりたいと考えます。

・・かといって、とても幼い頃からプロの手をお借りするのも・・・と迷うのは、私だけではないと思います。

そして、親子英語ファミリーにとっては、「出来れば英語を通して」または「少しでも自分が英語を取り入れながら」経験させたいというのが本音です。

そこで、今後生かしたい、お家でもアート体験が出来るアイデアの情報源を記録します!


Pink and Green Mama

元アート教師の二児のママによるブログ。

幼い子供でも、家でアートを楽しめる!と勇気づけられるトップページに励まされ読み進めると、楽しいアイデア一杯。

Mama's Homeroomでは、動画で彼女がホームスクールを行う様子も垣間見れます。大人の私もこんなレッスン受けたいです。

O'Keefeの花の絵にも挑戦したいです。 



Art Projets for Kids

小学校やアフタースクールのアート講師によるブログ。

有名画家の作品を元に、子供たちにもアート体験をさせる手法が個人的に興味深いです。学年別のカテゴリーも使いやすそうです。



Family Educationより幼児のためのアート&クラフト

Drawing, Craft, Painting, Printingの分類が、アクティビティに幅広さを持たせることが出来そうです。いつも思いますが、アメリカは、パスタやシリアルなど、結構食べ物を遊びに使います。日本ではあまりやらないですね・笑。



Child FunよりArt Activity for Toddlers

年齢を追って、取り入れられるアートアクティビティを紹介しています。



Activity Village

クラフトだけでなく、ゲームや日本の折り紙まで。子供が退屈する暇がないアイデアがいっぱいです。



Martha StewartよりCraft for Kids

カリスマ主婦・・と言うより、有名(家事)実業家のページより、子供のためのクラフトページ。さすが、美しい写真が、このクラフトやってみたい!と言う気持ちにさせます。

 



まだまだ他にもたくさんありますが、すぐに使えそうなものをピックアップしてみました。

実践したら、またその都度、記録していきたいと思います★

 

 

参考になるブログがいっぱいのランキングです


0 コメント

Water (w/o color) Painting

娘は1才4ヶ月。

 

アート体験として、色を使ったペインティングはまだ早そうなので、水だけを使ってmessのない(少ない)水だけのペインティングを行いました。

 

色画用紙(濃い方が良い)をテープでつないで、大きいサイズにします。

「そう簡単にははみ出ない」位のサイズなら安心です。

 

 

紙を取り出したり、並べたりするだけで、キラキラ喜んでいました。

テープを張るのも、喜んで、手伝おうとします!

まだまだ上手く出来ていませんが、やってみたい!という気持ちが嬉しいです。

Way to go, baby!!

 

 

水だけなので、写真ではあまり見えませんが、近くで見ると割としっかり見えます。

特に、濃い色の紙の方が、水が滲みた所が濃く見えます。

ちなみに、水の量は、筆が濡れて少し水が滴るくらいで十分です。

教えなくても、筆は上手く使えていました。

Doing great!!

 

 

 

筆でスポンジを触った感触もチェック。

この後は、私の顔と自分の顔に筆を付けました。

今日は水だけなので安心!

 

なかなかいい作品になりました!

最後は、水遊び状態でしたが、初めてにしてはよく出来ました~。

Well done!!

 

使用後の紙は、渇くとまた同じように使えます。

お絵かき用、シールを貼る台紙にしても。

 

 

次は絵の具を使った水彩画

Watercolor paintingに挑戦してみたいです!

参考になるブログがたくさんあるランキングです



11 コメント

From Head To Toe

娘は1才4ヶ月。

 

絵本を読み聞かせる時に、ジッと見る本、ある部分で笑ったりする本、殆ど興味なさそうな本、それぞれですが、この本は最近まで、「興味なさそうな本」の一冊でした。

ところが、最近一気に「すごく反応が良い本」になりました。

ある特定のページだけなのですが・・。

 

お話には、キリンや猫、象やクジャクなどの動物たちが、それぞれ異なる動き(首を曲げたり、足をキックしてみたり)をして、同じページの少年や少女たちに"Can you do it?"と尋ねるもの。

 

少し前までは、読みながら、せいぜい座ったままで出来る動き位を軽くやっていましたが、その日はエネルギーが有り余っていたのか、何となくか分かりませんが、四つ足で後ろにキックをしたり、全ての動きに対して本気モード。

娘に運動させるつもりが、私の方が体に応えました。その日、そして次の日も!

 

動きの中でも、娘は特にゴリラに反応。

この写真でも、本の表紙のゴリラを見て、胸を叩きながらウオー!と言っています。どの絵本のゴリラを見ても、あ!と指さしてドラミング。

絵本を読んでない時も、私がふと

Can you thump your chest? ”と言ったら、同じように興奮した感じでゴリラを演じます。

 

他にもかわいい動物の真似もして見せたと思いますが、今の所、ゴリラの動きだけが好きみたいです。

私のゴリラの真似が強烈だったのでしょうか・・。

 

早く「ゴリラ」をテーマに、色々な本やアクティビティを一緒にやって、ゴリラの世界を広げてやりたいです。

そして、更に年齢が進んだら、ゴリラの生態、森林、自然保護、その他の絶滅危惧種などに話しを広げて、一緒に考えてみたいです。

 

 

親子英語の取り組みがよく分かるランキングです


0 コメント

カスタネット体験

娘は1才4ヶ月。

音楽・楽器体験のひとつとして、カスタネットに初挑戦です。

新しいスーパーの近くに出来た、100円ショップで見つけました。

小さくて子供のサイズにピッタリです。

 

反応はいかに・・・?

 

最初の反応は良く、触りながらじっと見ていましたが、一緒に買ったスポンジの方が気になっていたようで、お風呂にスポンジの方を持って行ってかなり楽しみました。

カスタネットの方は、始めイマイチ(気に入らない)?と思いましたが、お風呂から上がっても、そして次の日も覚えていて、結構遊んでいました! 


こんな風に英語とリズムで体験!

 

とりあえず、この楽器の音&ルックス&感触を、名前 castanetsと同時に感じるように、"Castanets♪ Castanets♪"とリズミカルに繰り返し叩いて見せました。

カスタネットの発音はこちらから

2音節の単語なので、2拍子で簡単にリズムを取れます!

その後は、娘が好きな歌、Baa Baa Black Sheepとか Twinkle twinkle Little Starに合わせて叩きました。 

 

しかし、少し叩き方を見せたものの、ゴムでつながった2枚組のものを、片手または両手でも、鳴らすのは難しそうでした。

気付くと、娘は二つのカスタネットをそれぞれの手に持っていて、火の用心!みたいにカチカチ合わせて鳴らしていて、なるほど!いい考え!と感心した母です。

手作りも出来・・・るかな

 

また、手作りのカスタネットの作り方の紹介もありました。

日本の「かわいい」感覚からはちょっと離れたイラストではありますが、子どもが好きなイラスト等に変えてもいいかもしれません。

これを使って、一緒に歌を歌えば、クラフト(アート)、音楽、言語の総合体験です。

 

 First Palettより手作りカスタネット

カスタネットについてはこちらにも詳しく解説がありました。

How Products Are Made (Castanets)

 

次はフラメンコと共に情熱的に! 

 

スペイン語が語源のカスタネット、フラメンコの拍子を取るのにも使われます。

娘はまだ、手作りカスタネットには年齢的に難しいので、次はフラメンコ音楽体験(未定)の時にカスタネットでリズムを取る体験をしてみたいと思います!

フラメンコダンスは、足で取るリズムにも特徴があるので、こちらも一緒に「バタバタ」と見よう見まねで楽しく真似してみます。

 

楽しみです!!

参考になるアイデアばかりのランキングです


0 コメント