サークル参加 Animals &最近の絵本読み

娘のYuは、1才11カ月。

 

バイリンガル育児サークルに参加しました。

動物に関する絵本や歌、クラフト、バリエーション豊かで楽しみました。

始めは、くっついていた娘ですが、時間が経つにつれて積極的に、踊ったり、

少し話したりしていました。

もう両面テープの紙も自分ではがせるようになり、クラフトの時間も、

横で見つつも一人で取り組ませました。満足そうな表情!

 

この日のセッション担当ママが読んでくれた Dear Zoo

この日以来、家でこの本を読むときは、サークルの当日見た通りに、

こんなふうに人に読み聞かせるように反対向きにめくっています・・・!

この本は、こう読むものと思っているのか、単にレッスンの真似をしているのか・・・ハテナです。

 

ちなみに最近は、私に本を持ってきて、読んで欲しいという意味かと読み始めたら、

自分の手にも一冊持って、同時に読んでいる様子。

Mommy と言って、私が持っている本を指し、

Yu と言って、自分が持っている本を指します。

それぞれで読みたいと言う意味なのでしょうか。。?

 

私の読み聞かせより、自分でペラペラめくっている方が楽しいのかも・笑!?

もうちょっと観察を続けます。

0 コメント

The Moon

娘のYuは、1才11カ月。

先週はお月様に親しみました。

The full moon 満月

The half moon 半月

The crescent (moon) 三日月

 

のカードを形に合わせて3つの入れ物に分けました。

今まで、絵本などを見て、空に浮かぶ三日月の形をMoon、丸い形は Sunと言っていましたが、

丸くてもMoonってことがあることに気づいてくれたかもしれません。

カードを一枚持って、窓の外を指差し、Moon!と叫んでいます。

月が見えるような夜に外出したことがないのですが、、、外で見れるものというのが、

分かっているのかな??

 

 

 

図書館で借りた、エリック・カールのこちらの本を読みました。

娘の望みを叶えたいパパの親心が伝わります。

めくる絵本です。

 

エリック・カールの実の娘に捧げたお話です。


ところで・・・

 

最近こちらの本を読んで、Guided Readingについて少し学びました。

それ以降、表紙や、作者、本文に行く前のイラストにも意識して目を向けるようになり、子供にも意識して語りかけています。

絵本の深さをより感じられます。


 

お月様に掛かるハシゴをメインに(個人的に好きな絵本からの内容)したコラージュにも取り組みました。

作品は、お友達のものです(殆ど同じ)。本人の作品の写真を撮ったら掲載します☆


 

いつ頃になったら、夜空を見上げて一緒にお月様を眺められるかなー。

今から楽しみです。

0 コメント

バイリンガル育児サークル

2012年6月、娘のYUが1才7か月の時から、

地域のバイリンガル育児サークルに参加しています。

 

記録が遅くなってしまいましたが、本当に私たち親子にとっては、

毎回が貴重な時間になっています。

今年、地元の九州に越してきてから、娘に子供同士での英語の環境を与えたいと、

いくつかの場所を見に行きました。

しかし、年齢が低いこともあってか、あまり選択肢がなく、これからどのように英語と関わらせるべきか、いつも考えていました。

 

そんな時、ブログを通して知り合ったgreenmomさんよりお声を掛けて頂き、

バイリンガル育児をしている親子対象のサークルメンバーを募集していることを知りました。

参加条件は、親が交代で毎回のセッションを英語で担当すること。

 

年齢も娘と同じくらいのメンバーで、毎回本当に楽しんでいます。

リーダーのChristineさんはとってもオープン!ママたち同士の色々な話も尽きません!

子供達には関しては、発語が始まったばかりの年齢なので、まだまだこれからが楽しみです。

創設してくれたChristineさん、お声を掛けてくださったgreenmomさんに、心より感謝しています。

 

また、こちらにも活動の様子など記録したいと思います。

2 コメント

世界で増加するホームスクール

娘のYUは1才11カ月。

 

現在住んでいる日本で、果たしてどの程度の「ホームスクール」が出来るか、

これからも引き続き選択肢を探し続ける予定ですが、

たまたま最近、ホームスクールに関するニュースがYOUTUBEにアップされていたので、

ここで記録しておきます♪

 


 

 

まずは、中国(Beijin)☆

そして、アメリカ(NY)

 

お父さんが「英語の本は、1年でたったこの2冊だけ!」という中国。

しかし、一般の小学校で一年生から当然のように授業に英語が組み込まれているところは、

かなり日本の先を行っていると思います。

 

そして、音楽やアートのプライベートレッスンも盛んなニューヨーク。

身近に一流のミュージシャンや芸術家たちがいるというのは、たとえ、その人たちから直接レッスンを取らなくても、それに近い環境がかなり整っています。

自分も以前住んでいた場所で、当時はそのような環境を当たり前のように楽しんでいましたが、

子供を持ち、与えたい環境について考えることが多い今になって、

その場所がどれだけ恵まれた環境だったかが、よく分かります。

 

また、別の記事ではカナダでのホームスクール増加についても読みました。

 

これから先、子供が幼稚園や学校に通う年齢になるまで、

どのようなスタイルが子供に合っているか、ゆっくり考えたいと思っています!

 

ただ、どのようなスタイルを選ぶとしても、子供達や親たちのためにも、

日本での教育の選択肢がもっと増えていることを願います。

 

子供が元気にのびのび育っていくことを考えるのは、本当に楽しいです。

2 コメント

ペンギンについて

娘のYUは、1才11か月。

 

近いうちに水族館に行くことになりそうなので、少しペンギンの勉強をしておこうかと

その水族館にいる種類のペンギンの動画を探しました。

 

前回行ったときは、イルカショーを楽しんだり、

一般的な魚の名前とか、目の前での動きなどについては話しましたが、

この先、娘が成長して色々な事を質問しだしたり、こちらから気づきを与えたい時も、

このままでは進歩がないな~と、今後のために少しずつ勉強しようと重い腰を上げました。

 

ホームスクールって、子供というより、自分の勉強ですね。最近強く感じます。

すぐに、子供に色々教わることになりそうなのが、今から分かります! 

早くそうなって欲しいです♪


King Penguins


Rockhopper Penguins


Macaroni Penguins


Emperor Penguins


Hunboldt Penguins (ペルー)


 

 

長崎にはペンギン水族館もあります。

娘が将来興味を持ったら、連れて行きたいと思います。

2 コメント

Montessori Print Shop Toddler Bundle

娘のYUは、1才11カ月。

 

アメリカのホームスクールママのサイトで、よく紹介されている

Montessori Print Shop で、無料ダウンロードしたプリントが気に入ってから、

その後、ショップでToddler Bundleを購入してみました。

 

なかなか、手を付けられずにしばらく経って、ようやくカードにしようと動き始めました。

そのうち娘が出来るようになれば・・・と思って、作っていた動物シルエットのマッチング、

カード制作する途中で、横で見ていてもう出来てしまいました。

嬉しいような、拍子抜けのようなー。

 

 

 

その他、お家で出来る範囲の「モンテッソーリ」も少しずつ試してみたいと思います☆

0 コメント

Giuseppe Arcimboldo

娘のYUは1才11カ月。

 

気温の変化や、私の活動に連れまわされすぎたのか、風邪をひかせてしまいました。

 

10月に入り、秋らしいとてもいい季節になったので、

早く治して、様々な景色を一緒に楽しみたいです。

 

さて、食べ物もおいしい季節、野菜や果物など(その他、本なども)を組み合わせた肖像画で有名なイタリアの画家Geuseppe Arcimboldoの絵を鑑賞しました。

 

 

こちらの本で最初に紹介されている

四季を表す、春・夏・秋・冬、それぞれがタイトルになった絵です。

上の写真は、その中の秋です。

秋の野菜や果物がたくさんあります。


最近の娘は、果物や野菜の名前も割と分かるようになってきたので、

grapes、lemon, corn など、指していました。

この秋の絵も、よく見ると potato や appleなど、始めに気づかなかったものがたくさん!

 

 

 

また、春・夏・秋・冬の順で、肖像画の人物が年齢を重ねていく様子も分かります。

 

冬になるころに、冬がテーマの顔を改めて見て、新しい発見をしたいと思います。

 

 

その後のクラフトはこちら。

もちろん Guiseppe Arcimboldoにインスパイアされました。

果物や野菜でできた人の顔です。

Arcimboldoの作品のように、横顔でやりたかったのですが、

娘がまだ横顔を描いたラインを認識できないことが分かり、正面からの顔に変更。

 

これだけをいきなり見ると

何だか。。独特な世界へ迷い込んだようですが・・・。

 

「独特」大歓迎!笑

 

更に色々な世界を体験させたいと思います!

 


0 コメント